×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

白糸の滝の通行規制にご注意ください

白糸の滝の通行規制は解除されました。
白糸の滝は平成24年8月27日より工事の為一時的に滝つぼへ降りることができなくなっていました。
今では以前よりも安全に滝つぼに近づくことができるようになっています。

白糸の滝の台風被害後の変化

白糸の滝は2011年の台風で大きな被害を受けてしまいました。

白糸の滝では台風で受けた被害個所の復旧工事をはじめる為に、白糸の滝への通行規制が されていましたが、2012年3月1日に白糸の滝の通行規制が解除 されましたので現在は滝壺までの見学ができるようになりました。

しかし復旧工事がまだ完全には終わった訳ではなくまだ一部工事が続いて いるので、現地では工事が継続している所には近づかないように注意してください。

台風の被害で白糸の滝と音止の滝に少し変化がありました。

白糸の滝には目立った変かはないのですが、台風の被害を受ける前とは 滝壺などの見学できるエリアに被害の後を見ることができました。

まず、音止の滝は今までの見学スペースが縮小されていて 立ち入り禁止になっていました。

行ってみると危険そうには思えないのですが、対岸の崖を見ると崩れた 場所もあり、ここも絶対に安全とは言えない感じではありましたが、 立ち入り禁止エリアに入らなければ安全に見学できるので立ち寄ってください。

音止の滝から白糸の滝まで行く道には階段があるのですが、こちらも 特に変わったようには思えませんでした。

白糸の滝の滝壺まで降りてみると台風の被害が大きなもだったことが みてわかります。

まず降りてすぐわかったのは白糸の滝壺の水が川に流れ出ていく出口が広がって いたところです。

以前はその出口は水が勢いよく流れ出ていくところでボーっと眺めて写真を 撮ったりしていたので違いに気付きました。

白糸の滝の出口が広がったのは台風のせいではなくたまたま水量が多いだけかもしれません。

それと見学場所が破壊されていて台風以前はもっと白糸の滝の水に近づいて 見ることができたのに今は少し高い場所からしか見ることができなくて残念です。

前はコンクリートで固められた沢山の岩の上にみんなが座ってまったりと 白糸の滝を見て癒されていたのに、今はせっかく見学に来ても座ったりする 場所がなくただキレイな滝だなーとみて写真を撮って帰るだけの所になっていました。

やはり白糸の滝にきたらゆっくり座って気持ちいい所だと感じてもらい また来たいなーと思えるようにしてほしいと思いました。

でも、久しぶりに白糸の滝を見ましたがキレイな滝でした。













白糸の滝から流れる川には、何年か前までは入ることが出来ました。

入ることができたと言っても足を浸かるぐらいのことですができた時代がありました。

本当は足を入れるくらいだとしても危険なのでやってはいけないこと だったのではないかと思いますが、当時は結構白糸の滝から流れる川に足を浸けて楽しんでいました。

今の白糸の滝は、階段から下りて渡る橋からガッチリとルートが決められているので川に行くことができません。

残念なのですが、今回見た限りでは、白糸の滝から流れる川にも降りることすら出来なくなっています。もともと危険 な行為なのでしかたがないです。